ナカシマプロペラは船舶用プロペラを中心とした推進装置の総合メーカです。世界の海を航海する船に、信頼ある推進装置をご提供します。

製品ラインナップ

主推進器 CFRPプロペラ

ナカシマプロペラは、世界で初めて一般商船向けCFRP製プロペラの開発に成功しました。最大の特徴である「高効率」、「静粛性」は、素材の特性を最大限に活用して生み出された性能です

2015年には『省エネを実現する、商船に世界初搭載した炭素繊維強化プラスチック製プロペラの開発』により、第6回ものづくり日本大賞の内閣総理大臣賞を受賞いたしました。

安心・安全な製品を提供していくために、非破壊検査を目的として大型X線CT装置を2017年に導入いたしました。

※CFRPプロペラの開発には、日本財団のご支援をいただきました。

日本財団

CFRPプロペラ

特徴

軽量

  • 従来材のNABの約1/5の比重により軽量となり据付が容易
  • 慣性モーメントの低減、軸系の軽量化

高強度

  • 従来材より疲労強度が高く、信頼性も高い

低振動

  • 軽量化および高減衰率により、振動が低減
  • 居住環境改善

過負荷低減

  • ブレードの形状が流れにマッチングするように変形し、荒天時等の過負荷を低減

高効率

  • 軽量化により容易に大直径化が図れ、プロペラ性能向上を実現
  • キャビテーション発生抑制

メンテナンス性の向上

  • 予備ブレードをストックしておくことで損傷時にも早急に対応が可能
  • 交換に専門性不要、補修も可能

特徴

ねじり振動応力の低減

コンポジットと金属との比較

CFRPは、従来のプロペラ材料NABよりも軽量で高強度なので、プロペラ重量および慣性モーメントが小さく、ねじり振動応力は低減します。

CFRPとNABとの制振性比較

CFRPは、従来のプロペラ材料NABよりも高減衰なので、鳴音抑制、ねじり振動応力の低減にも繋がります。

弾性変形

弾性変形

負荷増加によりピッチが減少する方向に変形するため、荒天(急激な負荷変動)時や加速時、弾性変形により流力的に力を逃がし、エンジン過負荷を抑制します。

キャビテーションの抑制

キャビテーションの抑制

CFRP製プロペラは荷重状態で変形し、キャビテーションの発生を抑制するので、船尾振動の低減にも繋がります。

CFRPプロペラ 製品ラインナップ

CFRPプロペラ 製品ラインナップ

大型X線CT装置(NC-450XCT)

装置概要
X線CTシステム テスコ株式会社
X線最大管電圧 450kV
X線最大管電流 10mA
検出器 フラットパネル型、ラインセンサー型
焦点寸法 2.5mm(最大2mA)/5.5mm
撮影可能ワークサイズ φ3400mm × 高さ3400mm、重量2t

大型サンプルのX線CT撮影が可能です

SSS 製品ラインナップ

X線CT撮影事例紹介
CFRP ~炭素繊維強化プラスチック~
被検査体 CFRP階段状ブロック
検出器 フラットパネル、ラインセンサー
X線管電圧 400kV
X線管電流 2mA
撮影時間 フラットパネル:30分
ラインセンサー:4時間

SSS 製品ラインナップ

CAC703 ~アルミニウム青銅鋳物~
被検査体 CAC703階段状ブロック
検出器 ラインセンサー
X線管電圧 400kV
X線管電流 2mA
撮影時間 9時間

SSS 製品ラインナップ