ナカシマプロペラは船舶用プロペラを中心とした推進装置の総合メーカです。世界の海を航海する船に、信頼ある推進装置をご提供します。

テクノロジー

解析・設計テクノロジー ~「高性能プロペラを生み出す研究開発」

高性能プロペラを生み出す研究開発

最適なプロペラ設計を行うためには、性能の予測とその予測が正しかったかどうかの検証が必要です。
ナカシマではCFDによるシミュレーションで性能を予測し、模型試験でこの検証を行っています。
高性能プロペラに求められるのは「効率」「キャビテーション」「強度」の3つの性能です。
これらの性能をすべて満たすプロペラが、その船にとって最適なプロペラだと言えます。

高性能プロペラを生み出す研究開発

これらの性能は相反しており、たとえば効率だけを求めたプロペラを設計した場合、翼厚が薄くなって強度が不足したり、過大なキャビテーションが発生して振動の原因となり、船体や舵に損傷を与えることがあります。
そのため、効率・強度・キャビテーション性能の3つをバランスよく設計することは非常に重要であり、
シミュレーションを行ってそれぞれの性能を確かめています。

圧倒的なコア数:CFDによるシミュレーション

  • CFDによるシミュレーション
  • CFDによるシミュレーション
  • CFDによるシミュレーション
  • CFDによるシミュレーション

ナカシマでは、圧倒的なコア数を誇るCFDで流れを可視化し解析を行っています。
大規模CFDの導入で、より複雑かつ詳細な現象を短時間でシミュレートできます。
プロペラ性能の推定やキャビテーションのシミュレーション、エロージョンリスクの計算が可能です。

構造の健全性評価:FEM

  • 構造の健全性評価:FEM
  • 構造の健全性評価:FEM
  • 構造の健全性評価:FEM

複雑な流れの中で用いるプロペラの翼強度解析や製品の構造性能を確保するためには、
特に初期設計段階での構造評価プロセスが必要不可欠です。
そのために、構造解析技術を有効利用して、製品の健全性評価を行っています。

研究開発による新設計への展開

ナカシマでは長年の経験値を反映し、プロペラ設計のバックボーンとなるCFDによるシミュレーションと模型試験を繰り返し、通常設計にフィードバックすることで設計精度を向上させています。

研究開発による新設計への展開

これらの研究開発を発展させ、既存設計にとどまることなく、
NHVやチップレーキといったさまざまな新形状プロペラを自社開発しています。

  • NHVプロペラ
    NHVプロペラ
  • 従来型プロペラ
    従来型プロペラ