ナカシマプロペラは船舶用プロペラを中心とした推進装置の総合メーカです。世界の海を航海する船に、信頼ある推進装置をご提供します。

サービス&サポート

プロペラ翼面研磨

プロペラの省エネ研磨

プロペラ表面の海洋生物の付着や、経年変化による表面粗さが増すことにより、プロペラの推進効率は低下し、
燃料消費量が増します。 燃費削減対策には、プロペラ翼面研磨を施工し、翼面粗度を向上させる「省エネ研磨」が有効です。

各種のデータや実績テストから、きれいに磨いた粗度12μm Rz(約3μRa)のプロペラと、
荒いグラインダーで仕上げた50μm Rz(約10μRa)の表面で比較しても、プロペラ効率が約3.5%、
同一馬力における回転数は1.7r.p.m.の差があることが実証されています。

プロペラ翼面研磨

省エネ研磨の方法

  1. ドック時に施工する(プロペラは軸に装着したままで施工可能)
  2. 水中研磨(着桟、荷役中でも施工でき、ドックは不要)

プロペラ省エネ研磨パンフレット