ナカシマプロペラは船舶用プロペラを中心とした推進装置の総合メーカです。世界の海を航海する船に、信頼ある推進装置をご提供します。

製品ラインナップ

主推進器 電気推進装置

主推進器 電気推進装置

環境への関心の高まりとともに注目を集める電気推進システム。電気推進では発電機と電動機で回転エネルギーを生み出し、プロペラを回し推力を得ます。
新しい機器構成によるエネルギーのトータルコントロールによってCO2を削減できる可能性をもった環境にやさしい次世代型の推進システムです。

タンデムCRP推進システム

主推進器 電気推進装置

タンデムCRPシステムは、通常の可変ピッチプロペラの後方に舵としてポッド推進器を配置し、それぞれのプロペラを互いに反転することで二重反転プロペラを構成します。
前プロペラの旋回エネルギーを後ポッド推進器のプロペラで回収する二重反転効果でプロペラ効率の改善を図るシステムです。
加えて、推進システムの二重化による冗長性の向上と、舵となるポッド推進器が360°任意の方向にスラストを出せることによる操縦性能の飛躍的向上が期待できるものであり、出入港頻度の高い内航船には特に有効なシステムです。
前プロペラをディーゼル機関で駆動し、ポッド推進器を電動機で駆動するものは“ハイブリッド”タイプと呼ばれ、全て電動機駆動で行う場合と比較して電気変換ロスの割合を少なくすることができるメリットがあります。

注:CRP:Contra-Rotating Propeller (二重反転プロペラ)

タンデムCRPシステム専用のポッド推進器

タンデムCRPシステム専用のポッド推進器として新規に設計。ポッド本体に十分な舵面積を持たせることで、十分な舵効き性能を確保しました。さらに、前プロペラに干渉することなく360°全方位に旋回することが可能であり、操縦性能を向上しました。

内航船に搭載しやすいシステム

内航船の船型を考慮してポッド推進器を設計しており、一部の部品の寸法変更により適用できるので、ポッド推進器に合わせた船尾形状の設計変更が最小となり、特殊な船尾形状による船体効率の低下も防止されます。

安全性の向上

ポッド推進器は前プロペラと完全に独立して機能するため、万一の場合でも推進力が喪失することがありません。また、ポッドストラットには必要十分な面積を確保しているため、ポッドプロペラ停止状態においても十分な舵効きが得られ、非常時における安全性が向上します。

操作性の向上

ポッドプロペラは逆転による後進が可能で、操船方法は通常の舵を装備した船と同等です。また、港内等においては360°全旋回するポッドであるため、スタンスラスタとして使用でき、船の機動性を飛躍的に高めることができます。

2重反転ポッド推進システム

2重反転ポッド推進システム

環境のへの配慮の高まりとともに電気推進システムが注目を集めるようになり、ナカシマプロペラでも開発を重ね、多数の電気推進用機器の納入実績があります。推進システムのプロペラを2重反転プロペラにすることで、より環境にやさしく高効率な推進機器となります。
2重反転プロペラとは2つのプロペラを同軸上に配置し、それぞれを相互に逆回転させるものです。通常のプロペラと比較してプロペラ単独効率が向上するメリットがあります。
ナカシマプロペラでは、船の機動性を飛躍的に高めることができる旋回式推進装置(ポッドプロペラ)について二重反転プロペラを組み合わせたシステムを開発しました。

特徴
  • 2重反転プロペラを構成することにより、旋回エネルギーの回収と、
    荷重度の分散によりプロペラ効率が通常の旋回式ポッドより高い。
  • 360°旋回可能なポッド推進器は、強力なサイドスラスタとして使用できるため、
    港内等の低速域における機動性が飛躍的に高くなる。
  • 舵機構となる旋回駆動系と動力伝達用駆動軸系はほとんどすべてがコンパクトにポッド装置に
    内蔵されているため、据え付けが容易。また必要据付けスペースも小さく、船内スペースを有効に利用できる。
  • ポッド推進システムでは、通常2軸船であるため、独立した推進システム、舵システムを2つ持つことで、
    非常時における冗長性が向上する。

船の仕様に合わせたシステムを設計・製作できますので、ご相談ください。